借金があるのに無職であっても借金問題を解決するには

借金があるのに無職でしたら収入がありませんから、返済することは諦めてしまう人が多いのが現状です。

また借金を月々の給料で返済計画を立てていたけど、給料さえもらえれば完済できるはずだったのに、会社が倒産してしまい無職になってしまい返済することができなくなってしまったという方もいるでしょう。

借金が返済できなくなってしまったら、お先真っ暗で自暴自棄になってしまうかもしれません。
先の見通しが立たないほど辛いことはありませんし、借金を返すために必要なお金がない無職なってしまっているならなおさらです。

それでも無職なのに借金がある、または借金を返さなければいけないのに無職になってしまった場合でも借金問題を解決する必要はあるのです。

そこで無職の人が借金問題を解決するために、これだけは知っておくべきことを紹介します。

再就職先を探す

収入がなければ借金の返済はできません。収入を得るために再就職先を見つけましょう。

無職の状態が続いたニートの人ですと再び働くことなどできないと思っているかもしれません。しかし、収入がなければ借金を返済することはできません。

ニート状態が続いている人のための社会復帰を支援する制度があります。支援制度では職業訓練を行っています。

いきなり職探しをしても働ける職場を見つけられる可能性は低いですので、職業訓練でスキルを身につけて職探しをすることで働ける職場がみつかる可能性が高くなります。

今すぐ職探しをできる状態にあるのでありましたら、まず雇ってもらえるかどうかは別にして、この職場なら働けるいう会社をピックアップします。

ピックアップした会社に問い合わせて面接を受けましょう。面接を受ける会社は最低でも20社。もし面接した全車に落ちたとしても、さらに他社の面接を受け続ける。

それくらいの気持ちを持って職探しをすれば、働ける職場を見つけることができるはずです。

ただし収入が必要だからといってブラック会社に勤めてしまいますと、後々大変なことになりますので情報収集は怠らないようにしましょう。

債務整理

再就職のあてがない、援助を頼める親がない、金策が尽きてしまったというのでしたら債務整理を検討しましょう。

債務整理の方法は選べますか、任意整理は弁護士などに依頼し債権者と交渉し借金の減額をしてもらい、返済計画を立てて無理なく借金を返済するというものです。

返済期間3年以内では返済が厳しい場合は最長5年まで延長される場合があります。条件を満たせば期間は5年を超えての分割返済が認められる場合もあります。

ただし任意整理は自己破産のように借金返済が免責されるわけではありません。3年から5年かけて返済をしていく必要があります。したがって無職のように安定収入が見込めない場合は任意整理は認められません。

それでも無職でも任意整理が認められるケースもあります。

無職であったとしても再就職先を探していて、将来にわたり安定した収入を得られる見込みがあるのでしたら無職でも任意整理の手続きを行うことは可能です。

任意整理を認められるは返済プランがあるのか、就職先を見つけて安定した収入が得られるのかなどの条件があります。

任意整理が認められますと自己破産することによって連帯保証人に借金の返済義務が移ってしまう迷惑をかけることはありません。

自分で無理なく返済できるので働いて借金を返済する意欲があるのでしたら任意整理を選択することをお勧めします。

自己破産

借金全額の返済が免責される自己破産ですが、返済できる見込みがすでにないのでありましたら必然的に自己破産が選択することなるでしょう。

実際に無職のほとんどの方が債務整理を行う場合自己破産を選択しています。

自己破産で借金の返済の免責が認められますと、時価20万円以上の財産、不動産は手放せなければならなくなりますが、必要最低限の生活を送るために必要な財産は差し押さえをまるかりますので最低限の財産は残すことができます。

借金の返済が免責される代わりにデメリットも生じます。新たなローンを組めなくなったりクレジットカードが作れられなくなります。

連帯保証人がいる場合借金の返済は連帯保証人に追うことになりますので多大な迷惑をかけることになります。

借りたお金は自分で返すことがベストですが、返済するあてがないままいたずらに時間が龍だけなら、利子や遅延損害金が増えるだけで返せない借金だけが増えてしまいます。

自己破産で免責されない借金、債務

自己破産では借金の全てが免責されるわけではありません。

例えばギャンブルに使った借金、借金の額を虚偽申告していた場合、特定の債権者のみに返済していた場合、過去に自己破産を受けていて7年経過していない場合は、自己破産は認められません。

また自己破産を認められたとしても税金や年金の支払い、養育費、交通違反などの罰金などの支払い義務は自己破産が認められても残ります。

最後に

借金があって現在は無職であったとしても未来を変えることはできます。心を入れ替えて働けば借金を返済できる支援制度も法律も用意されています。

決して諦めることなく借金問題を解決できるようお役に立てまでましたら幸いです。

Posted by admin