消費者金融に返済中に失業して借金を返済できなくなってしまったときの対処法

消費者金融から借金しているときに失業してしまったら収入が途絶えてしまい返済が計画通りに行かなくなり、返済が滞ってしまうことになるでしょう。

このような状況になってしまい手をこまねいていれば何の解決にもなりません。

それでは消費者金融で借金をしているときに無職になってしまったら、どうすべきかについて解説します。

無職になったら消費者金融に連絡する

失業して無職となり収入がなくなってしまっても貯金があれば返済していくことは可能ですが、借金を完済できるだけの貯金がないのでしたら大変です。

返済期間が長ければ長くなるほど利子が増えますし、貯金によほど余裕がない限り借金をすぐに返済することは難しいですよね。

無職になってしまい借金を返済できない状態になってしまったら、まず借金をしている消費者金融に連絡しましょう。

契約書を見ればわかりますか、契約内容に変更が生じた場合は連絡する義務が契約者にあります。

さらに無職になった場合、一括返済を求めることができるという契約になってるかもしれませんので、消費者金融に早急に連絡をすることを忘れないでください。

契約で無職になった場合、一括返済を求めることができるなっていたしても、実際に一括返済となるケースは少ないです。

無職になって返済が不可能になってしまった場合でも、返済計画を見直して現在の収入状況で無理なく借金を払い続けるよう契約内容をあらためるのが一般的です。

消費者金融も無職になってしまったら一括返済を求めても、返済が不可能であることは承知しています。

ですので無職になってしまったことが消費者金融にわかってしまえば、一括返済をしなければならないからといって連絡しないということだけは避けてください。

無職になると他の借り入れができなくなる

無職になったことを消費者金融に連絡すると、無職になった情報は信用情報機関の信用情報に載ります。

借り入れの審査をする際に消費者金融などの金融機関は、信用情報機関に情報を照会し審査をします。

無職になると信用情報機関は信用情報にある勤務先を削除します。金融機関は信用機関の信用情報を照会すれば無職であることを確認できます。

現在借りている消費者金融から一括返済されることはなくても、無職になれば新たな借り入れがほぼ不可能になります。

しかし、他の消費者金融から借り入れできないからといって、無職なったことを連絡しないのは事態をさらに悪化させます。

それに無職であることを偽って新たに借り入れをしようとしても間違いなくバレてしまいますので当然審査が通過するはずがありません。

無職だけではなく虚偽申告をしてことも信用情報機関に登録されてしまうので、借りられない条件がさらに揃ってしまうのです。

収入を確保する

借金が残っていれば返済しなければなりません。ですので失業して無職になってしまったら、アルバイトでも派遣社員でもいいので収入を確保しましょう。

正規社員に比べると給料が下がってしまうことは避けられないかもしれませんが、全く収入がないよりはマシです。

消費者金融も現在の収入状況で返済できるよう月々の支払額も調整してくれます。

消費者金融は借金を返せないからと夜逃げされるよりは、少額でも返済してくれる債務者ならきちんと対応してくれまし、無理な返済を求めることはありません。

借金が返せなくなったからといって夜逃げしても借金から逃れられません。

借金の消滅時効が成立するまで長い年月がかかりますし、お金を貸した消費者金融も時効が消滅しないよう、裁判所に請求して時効の進行をストップさせます。

ですので、いくら逃げたとしても借金が帳消しになることはほぼ不可能です。

無職になってしまって借金が返済できなくなったとしても、今できることを行ってください。

行動することによって現状を変えることができます。消費者金融に連絡して返済計画をきちんと立てて、収入を確保できるよう働けるところを探してください。