借金完済したときの気持ちをイメージしよう

借金完済を達成したときの気持ちをイメージしていれば返済を頑張って続けることが出来ます。

とはいっても借金返済は先が見えなければ苦しくてたまらないですよね。

毎月迫ってくる支払期日になんとか払えてホッとしても、来月にはふたたび支払期日がやってくる。

支払いが済んでも手元に残るのは生活するためにギリギリお金だけですから、欲しいものを買うことができず、ひたすらガマンガマンの毎日を続けなければなりません。

知人が消費者金融で借りた金額は90万円ほどだったのですが、借金完済するまで、とてもつらかったと言っていました。

毎日つらかったのに、どうして借金完済できたのか聞いたのですが、今回は知人の借金皆済の体験談を紹介します。

借金完済の体験談

介護職をししていたのですが、厳しい労働環境にも関わらず給料が安くストレスが溜まってしまいました。

ストレスを発散するために浪費するようになりキャッシングカードの使用頻度が高くになり、手軽に借りられる安心感から金銭感覚も狂ってしまい、気が付くと90万円の借金を背負うまでになってしまいました。

100万円以下の借金額だから大した金額ではないと思うかもしれませんが、リボ払いは金利が高くなってしまったため借金完済までには長い年月が必要となりました。

キャッシングの減額額に至るまでは自分の財布にあるお金を使える感覚になっていましたので、借金しているという自覚が薄かったことは今となってみると深く反省しています。

さすがに借金が100万円近くなってしまいましたので、 焦ったのですが、これくらいだったらすぐに返せると思っていたのが本当に甘かったです。

借金完済することを覚悟に決めたのですが、最初に苦労したのが金銭感覚を自分の収入レベルまでに落とすことでした。

キャッシングで借りまくっていたときは外食や好きなものを買うことを自由気ままにしていましたが、生活費以外の余分なものにお金を使うことは控えるようになりました。

借金完済するために、生きていくために必要なもの以外にお金は使わないという強い気持ちをもって毎日過ごしましたし、それしかできることは私にはありませんでした。

食費もできるだけ節約したのはもちろんですが外食なんてもってのほかです。 友人との付き合いもほとんど絶って自炊の毎日を過ごしました。

仕事以外の時間は自宅にこもることでお金は使う機会はほとんどなくなりますし、 借金完済という目標がありましたから、めげることなく頑張り続けることができたした。

それでもお金が足りなくなったことがあればキャッシングを利用したい誘惑に駆られるたのは正直に告白します。

誘惑に負けないようカードを使えなくするために、タンスの奥に入れておくなどしておきました。

めげそうになったことは何度もあります。それでも借金完済した日を迎えるときのことをイメージして借金返済のために頑張ることができました。

もし借金を返済できず再びキャッシングを利用することがあれば、自分はもう人生のやり直しをすることができない。

借金を返せなくなって親兄弟にも迷惑かけてしまうという最悪の事態もイメージしました。

これくらいなら大丈夫だと思いキャッシングを利用してしまえば元には戻れなくなります。

借金に苦しむということはお金にだらしない経験をしてしまったのですから、強い気持ちを持たなければ借金を完済することなどできません。

ついに借金完済できて日が来た

借金完済した日のことは今でも覚えていますし、借金完済した時の気持ちを絶対に忘れてはいけないと心に誓っています。

そのために借金完済証明書を発行してもらいました。借入額が0円になっているを見て今までの苦労が報われた瞬間でしたので涙を止めることができませんでした。

借金完済した後も、収入の範囲で毎日の生活を送るようにしています。

借金がなくなりましたので余裕ができ、贅沢をしなければ自分の欲しいものも購入できるようになりました。

借金完済をするということは決して楽なことではありませんが、借金完済する気持ちを持ち続ければ絶対に借金は返せるはずです。

私の体験が借金完済のために頑張ってる人たちの励みになれれば幸いです。

借金完済できる日が迎えられることを心から願っております。